Browsing articles from "3月, 2011"
3月 25, 2011

カーネルコンパイルはあっさり成功でした

前の記事からかなり間が開いてしまいましたが、
タイトルどおりdebianのカーネルコンパイルはあっさり成功しました。

今日までに
・不必要なドライバをはずす
・debian6.0.1のリリース
といくつか通過点があり、すでに本サーバでも4回再構築を実施しました。

以前失敗したことを記載していましたが、
失敗していた理由は下記の理由でした。。。
・デバイスドライバの落としすぎ
→Enable Block Layer
  の中のチェックを軒並み落としてしまったためにinitrdからディスクに移行できず、rootファイルシステムがマウントできずにOUTになっていました。

make menuconfigでオプションを設定していましたが、
で設定の説明が確認できることを忘れており、後々確認すると。。。。
———————————————————
If this option is disabled:
– block device files will become unusable
– some filesystems (such as ext3) will become unavailable.
———————————————————
ちゃんと書いてあるし。。。
ちゃんと理解して設定しなければいけないってことを改めて思い知らされました。

カーネルコンパイルを数回実施しましたが、カーネルインストールパッケージのサイズが下記のようになり、システムのダイエットができたのかなぁと感じています。
1.【CPU選択のみを変更したカーネル】:26MB
2.【いくらか必要ないドライバをはずしたもの】:16MB
1.の方でもドライバがモジュール化されているものが多数あり、また必要に応じてロードされるために、必要なければシステムにロードされておりませんから、インストールパッケージのサイズが大きいからといってシステムが重くなるわけではないんですよね。。
またこれもベンチマークをとっているわけではありませんから、
定量的に評価できていません。体感では反応良くなっている気がします。気がします。

安定的なシステム稼動を目指しています。

3月 17, 2011

新しいサーバとカーネルコンパイル

◆新しいサーバの到着
現在利用しているサーバはLet’snote(CF-T2[PentiumM])で、
今まで利用していたサーバを置き換える形で利用しています。

日曜日に新しいサーバになるPCが到着しました。
今度はデスクトップタイプ[Core2Duo]にしました。
というのもLinuxKVM導入を考えています。

・どのくらいの仮想サーバを並列で稼動できるか
・仮想サーバ上でXを走らせることができるか
・XとVPNでリモートデスクトップ環境を構築できるか

考えるだけならいくつか案はでてきますが、
現実的かどうかはやってみて知りたいところです。

理想はXとVPNでリモート環境構築し、
実用に耐えうるかを確認したいと考えています。

また別件でLinuxKVMを理解できれば、1台で今の外部展開サーバを集約して、バックアップサイトとして活用する案もありますから、
これからちょっとずつ組み上げて行きます。

◆カーネルコンパイル
新しいサーバもそうですが、現在利用しているサーバに対してもパフォーマンスアップのためにカーネルコンパイルをしなければいけません。
現在のLet’snoteサーバに対しては2度チャレンジしていますが、起動できずに失敗しています。
これから3度目のチャレンジに入りますが、オプション選定を間違えずに、またノートPCであるので必要なパッケージを再度確認して挑みます。

参考にするのは

debianスレッドテンプレ

「カーネル再構築」の箇所を参考にしてチャレンジします。

今度はうまくいくといいんだけどなぁ。
失敗したらしたで原因ははっきりさせます。

3月 13, 2011

システムに問題はありません

ocean-abyssシステムに問題は発生していません。
14日以降に停電が予定されている場合は事前に停止させていただきます。

JVN [Japan Vulnerability Notes]

Categoly

Posted dates

2011年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

NEC Direct(NECダイレクト)

NEC Direct(NECダイレクト)